現在の中学生のにきび事情

にきび中学生といえば兄を思い出してしまいます。思春期に入りにきび花盛りとなってしまったときに、にきびを気にしてひたすら日に何度も何度も顔を洗っていました。

今から思うと本能的に清潔にするのが一番と考えてのことだったでしょうが、しばらくするとすっかりにきびは無くなりきれいになっていました。
ただただ顔を洗って、あとは何もしなかったことが良かったのでしょう。成長期にある中学生なら、新陳代謝が盛んですから、清潔にすることでどんどんと肌細胞の生まれ変わりが活性化されたんじゃないかと想像しています。

今のにきび中学生は、メンズ用スキンケアのカネボウのアクネウォッシュを利用する男子が多いようです。アクネウォッシュは殺菌効果のある、にきびを予防する薬用洗顔料で殺菌成分のイオウや吸着成分ホワイトクレイを配合しています。

女子にきび中学生は、プロアクティブを使用する人が多いようですが、個人差があり、なかなか良くならないという人もいれば、2週間ほどで改善されたという人もいます。

また、将来のことを考えて、大事をとって皮膚科に通う女子中学生も多いようです。皮膚科の治療では、ビタミンB群の内服薬や抗菌剤の内服が使用され、炎症がある場合にはソフトレザー治療や光治療が行なわれます。

週に2回の治療が効果的と言われています。皮膚科で出される薬で、アクアチムクリーム(大塚製薬)がありますが、抗菌剤が処方されているので、化膿したにきびなどに効きます。

市販されているものではチョコラBB(エーザイ)の錠剤がにきび改善に効きます。チョコラBBは飲みやすい小粒で、ビタミンB2リン酸エステルを主成分として、糖質やたんぱく質の代謝を助けるビタミンB1とビタミンB6、ビタミンCが配合されています。

にきび中学生は、チョコレートなど甘いものが大好きでしょうが、にきびができているときは、もちろん控えた方が治りは早いでしょう。チョコを1つ食べると必ずにきびができるといった中学生は、チョコやポテトチップスなどの菓子類を止めただけでにきびが出なくなったそうです。

いくら甘いものを食べようが、にきびの出ない中学生もいますし、やはり体質によるものも多いと考えます。洗顔も、市販のにきび用洗顔料では、かえって脂ぎってしまってダメで、固形石けんが良い場合のにきび中学生もいます。

にきびはつぶしてしまわない限り、痕は残らないと思いますが、どうしても治らない場合などは、やはり皮膚科で診てもらい正しい治療をすべきでしょう。

ニキビケア情報

どんなニキビだったの? ニキビができ始めた中学1年の頃、「1~2個くらいはすぐ治るだ ろう」とそんなに気にしていませんでした。けれども、治ってはできる…その繰り返しで、 いつも4~5個はある感じ。かなり気になっていました。できる場所もどんどん広がって いったんですが、まだ中学生という年齢も年齢だし、ニキビができたのかどうなのかわ からなくて、赤ニキビになってようやく気づきましたね。 親はニキビ体質ではなかった ので、どう対処したらいいのかよくわからなかったみたいです。でも、女の子ということで 気にして...
親やまわりの大人が、「ニキビ治療は皮膚科」と知っていてほしい。|ニキビ ...
生まれてはじめてのスキンケアはニキビケアという人がほとんど。性別問わず、必ず 悩まされる10代特有の思春期ニキビについて正しい知識と対処法を紹介します。
思春期ニキビ倶楽部~中学生・高校生の美肌を全力応援
三段重の高級おせちを食べたい!やっぱりおせち料理は有名店の高級おせち通販を取り寄せたいですね。
おせち料理2018 人気
広島県で車の買取するならこのサイトがオススメ→広島の車買取高額業者人気ランキング≪約1分無料シミュレーション≫
車買取 広島